2011 10 08

食べるバラの登場です

明日のワークショップで食べるバラ。

449.jpg

色は濃厚ですが、食べ比べた中では
これが一番甘酸っぱくておいしいです。

おくだばらえんさんのバラは、
普通のバラのように茎がまっすぐではありません。
あえて、曲がったものや大きさの違うもの、
わんぱくなバラたちが自由奔放に育てられています。

だから私も、その個性を損なわないように、
トゲを残したままにしています。

瓶の中に入れようとしても、スッとおさまらない。
あっちこっち向いてしまうのが、最近気に入っています。

448.jpg

仕込んでから一週間経つスパイスの香りも
だいぶ育ってきました。

お店でセッティングしていると、いろいろなお客様と
直接お話ができるのが、とっても幸せです。

今日は上海からのお客様が。
いろいろご質問下さったので、
たどたどしい英語で説明させていただきました。

バラを食べる、花から香りを集めることに驚かれ、
建築に興味があるという彼女は、
VADE MECVM.の空間にも感激していたようでした。

明日から始まる3講座、たくさんの方々と
お話できるのを心から楽しみにしています。

450.jpg

アトリエミショーを立ち上げて、まだ二回目のイベント。
いつかは、と思っていたゲスト・ワークショップが
早くも実現の運びとなり、本当にワクワクしています。

ただその結果、前回に比べると
やや高めの参加費になってしまいました。

にもかかわらず、関心をお持ちいただき、
お申し込み下さった方々に、私からのささやかな御礼として、
SHALE(シャーレ)キットをプレゼントさせていただくことにしました。
(キットの詳細は、こちらからご覧ください。)

バラかフジバカマのどちらかお好きな方を
一緒に持ち帰っていただこうと思っています。

451.jpg

まだそれぞれ残席ありますので、
この機会にぜひご参加くださいね。

イベント詳細は、コチラ
posted by クラタ at 18:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 大人の学び
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/48385430
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック