2011 10 12

植物ファクトリーセットの中身

長らくお待たせしました!
10/15 開催予定の「家庭でできる植物ファクトリー」講座。

今回は、植物の栽培を通して、
林先生が「工夫する楽しさ」を伝授して下さいます。

・種って、どうすればうまく発芽するの?
・乾いてから水をあげてるけど、何でしおれるの? などなど。

知ってるようで知らない、わかるようでわからない、
栽培についての基本とそのメカニズムについて
楽しくやさしく解説していただきます。

以前、奈良で行われた「水やりの常識・非常識」という講義には、
定員の250名を超えるたくさんの方が集まったとか。
それだけ需要があるって、単純にすごいですね。

482.jpg

ガーデニングや室内栽培でお悩みのことにも、
すべて林先生がお答え下さいます。

「枯れちゃったけど、いまだに原因がわからない!」のを
そのままにせず、一つ一つ理由をたどることをきちんとすれば、
次に育てる時にできることも変わっていくはず。

そうすれば、植物のことがもっと身近になり、
植物のことが少しわかれば、「工夫する楽しさ」も生まれてくる。
そんなことを知っていただくための講座です。

お手持ちの植物で調子が悪いものがあれば、
お写真や現物を持って来ていただいてもOK。

当日の講座内だけでなく、事前質問やお家に帰ってからの
アフターケアにも対応していただけるという、
何ともありがたいお言葉には、頭が下がりっぱなしです・・・。

485.jpg

植物の専門家でありながら、情熱と信念をもった教育者として
植物やその栽培法を楽しく正しく理解してもらうためには
労力を惜しまれない、本当に本当にステキな先生。
前回の香り講座でも、みなさんがファンに!)

信じられないぐらい、超多忙なスケジュールをこなされながら
企業や研究者、学生さん、私のような者にまでも
分け隔てなく接して下さる貴重な方です。

普段専門家の方とお話しする機会はそう多くないと思うので、
この機会にぜひ、たくさん質問してみて下さいね!

483.jpg

今回の講座内容は、種まきと挿し木(植物から一部茎を切り取って、
新しい株を育てていく方法)、室内および屋外での栽培のコツ。

挿し木に使用するのは、
数種類のミント、ローズマリーやセージ、レモンバームなど、
日本最大のハーブ農園、浜松花きさんのハーブの中でも、
特に香りのいいものばかり。
ミントは、ティータイムに紅茶に入れていただくこともできます。
(入荷状況によって、多少変更する場合があります。)

挿し木や種まきが手軽にできるようになると、
お料理やお飲み物に入れるための食材を育てる楽しみも。
私はこの機会に、アンフルラージュ用のハーブを
たくさん育てたいなーと思っています。

先日ご紹介したように、近畿大学の学生さんが
この講座のために育てて下さっているレタスも登場します。
室内栽培に限らず、お庭やベランダ、ハウスや畑でのお困り事など
何でも丁寧にお答えいただけますよ。
(林先生の家系は、伝統野菜を作る農家さんや
農学を専門とした研究者さんなど、農業一家なのだそう!)

そして、植物ファクトリーキットの内容です。

443.jpg

まずは、種まき+挿し木用のトレイが1つ。
36穴で、27.5cm×27.5cmの十分な大きさです。

444.jpg

今回は「培地」という土の代わりになる繊維を使用します。

447.jpg

土作りは本当に難しいですが、
繊維を使った培地は、初心者にも扱いやすいという特徴があるので、
まずは栽培に成功して、植物を育てる楽しさを
感じていただくだくきっかけにしてもらいたいなと思っています。

初対面の方やお客様と、植物のことをお話していると
かなりの確率で、「私、育てるの下手で・・・」とか
「育ててたけど、枯らしてしまったわ・・・」と言われたりします。

みなさん、どこか心に傷を負っているような様子を見るにつけ、
いつも寂しいような悲しいような気分になっていました。
なのでまずは、「自分でも育てられる!」という自信を
身につけていただきたいというのが、この講座の狙いでもあります。

この培地は、元々洋ラン用に開発されたものなので、
水ゴケの代わりにするのにも適しています。
今人気のコウモリランやエアープランツなど、着生植物もOK。

水ゴケというと、環境破壊が問題になってきていますが、
この培地は天日干しなどで消毒すれば、繰り返し使えます。

私は一時期、かっこいい水ゴケ(?)を探していたので、
教えていただいた時は、「コレコレ!」と喜んでしまいました(笑)。
挿し木にもとても向いているそうなので、楽しみにしていて下さいね。

445.jpg

そして、育った後に植え替えるための鉢が6つ。
10.5cmポットで、トレイ同様光を通しやすい半透明です。

446.jpg

この6つ分に対応した培地、ハーブの苗と野菜の種、
栽培のポイントを記したカードがセットになっています。

うーん、ほんとに楽しみ!!
準備がまだまだ残ってるので、フルスピードで頑張ります!

まだ数席空きがありますので、ご興味おありの方は
メールにてご連絡下さいね。

イベント詳細は、コチラ
posted by クラタ at 01:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 大人の学び
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/48374745
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック