2011 04 23

food scape × 花宇

大阪・中ノ島のgrafで今日から開催される、「植物のある暮らしvol.4」。
プラントハンター西畠清順さんが世界中から集めてきた植物たちの
展示販売を行うこの人気企画シリーズ。

西畠さんの著書出版記念も兼ねた
オープニングパーティーへ遊びに行ってきました。

プラントハンター
      西畠清順(著)
      徳間書店 2011 Amazon

彼の仕事ももちろんですが、彼の命がけで熱狂的なほどの
エネルギーは今、多くの人の心を動かしています。
日本人が忘れかけていた情熱を、
彼の中に見出しているような気がしてなりません。

その西畠さん、初の単著。
自分たちが、この先の人生でも出会えるはずのない
世界の僻地に生息する植物たちと、
まるで出会えたような疑似体験をさせてもらえる一冊です。
才能をもつがゆえの苦悩の日々も。

うっかりデジカメを忘れ、携帯からなのであまり画質はよくないですが、
パーティーの様子も必見。少しだけご紹介します。
一見どこから植物で、どこから食物かわからない
カラフルで楽しげな食卓。

フードスケープ1

この空間を作り出したのは、料理研究家の堀田裕介さん
自ら農業も実践する彼は、フードスケープというジャンルを開拓し、
人と食空間、食そのものの新しいあり方を提案しています。

フードスケープ2

フードスケープ3

今回は、その堀田さんと西畠さんの最強タッグによるフードスケープ。
西畠さんの生家でもある花宇の温室内にあるたくさんの中から、
堀田さんが着想を得た植物を選び出し、
それに合わせた料理と空間がデザインされました。

花宇の個性的で圧倒的なエネルギーをもつ植物たちを
これほど魅力的においしく楽しく調理してしまうなんて!!
食材の組み合わせも絶妙でした。

フードスケープ4

フードスケープ5

手前の葉っぱは、アイスプラント。野菜です。
最近少しずつ見かけるようになってきましたが、
水滴のように透明のプチプチが表面にびっしりついてます。
これもちぎってみんなで食べました。ちょっと塩味でおいしい。

日々摂り続ける食事。
毎日意味を見出しながら食べる余裕はないかもしれませんが、
どうせ一生食べるなら、何も考えずに口に入れるだけでなく、
どこからきたものか、どう魅せるのか、どうすれば豊かな食事が
実現できるのか、立ち止まって考える日があってほしいものです。

地に足のついた、その土地に根付いた食。
けれども、ただ単に粗食にするだけでは、味気ない。
食べることをおろそかにせず、食べながら見る景色、
その時間を共有する人、すべてが相互に影響し合うはず。

フードスケープ6

今日お話していた方々と、このぶら下がっているエアープランツの
話になったので、今家に咲いてる花を最後にご紹介。

チランジアは品種も多く、これはいただきもので不明ですが、
イオナンタなのかな?

チランジア

鮮やかな色と個性的な形に、ちょっとびっくりしますね。
プラスチックみたいっていう人もいたなぁ。
posted by クラタ at 01:35 | Comment(2) | TrackBack(0) | 植物のアート
この記事へのコメント
はじめまして、私はTシャツ のプリント工場を営んでます。 なぜ草花の関わりかといいますと、6年前から草木染めの研究を始め、経済産業局から指定を頂き、工学博士木村光雄先生を中心に2年前から本格的に色材を栽培から携わることになりました。
 写真を見ていますとついどんな色素がとれるかすごく興味がありますので、一度お話しできればとコメントさせていただきました。 
 
Posted by 川端康夫 at 2011 08 01 18:50
川端康夫さま

はじめまして。

チラとお伺いしただけでも、本格的なプロジェクトですね!
色材を栽培からという発想が、本当にステキです。
具体的にどの植物に興味をお持ちいただいたのでしょうか?

以前、バラ染めには挑戦してみましたが、
何分素人なので、アントシアニン色素の定着が
なかなかうまくいきませんでした。

今実は、同じ植物から色と香りを取り出すという
講習会を企画しています。
こちらこそ、いろいろとお話お聞きしたいです!

お手数をおかけしますが、am@atelier-michaux.comまで、
メールをいただければ幸いです。
どうぞよろしくお願いします。
Posted by クラタ at 2011 08 02 00:34
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/44501719
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック