2011 01 26

沢田マンション

「セルフビルド」。
何となく耳にしたことのある言葉かもしれない。
意味はそのまんま「自分で自分の家を建てる」ということ。

前近代的な響きで、あんまりピンとこない。
日曜大工やログハウスのようなものが連想されたりする。

では、この6階建てマンションが、その「セルフビルド」によって
築き上げられたとしたら、みなさんは何を思うだろうか。

沢田・外観

オーナーの沢田夫妻が、少しずつ少しずつ
数十年かけて、完成させていったマンション。

すでにご主人の嘉農さん(この方が天才!)は亡くなられているが、
奥様の裕江さんや娘さん家族らが今も切り盛りし、
このマンションを愛する住人までもが、さらに手を加えながら、
ギャラリーやレストラン、住居として使い続けられている。

零度を下回る気温にも関わらず、アロエは花盛り。

沢田・アロエ

南国らしく、サボテンも元気に手を広げていた。

沢田・サボテン

このマンションは、生きている。
初めて写真で見た時から、ようやく訪れることのできた今も、
胸躍る感覚は、まったく薄らぐことがなかった。

本当に屋上なのかと、にわかには信じがたい光景。
畑にはさまざまな野菜が実っている。
家族で組み上げたという(!)赤いクレーンも聳え立っていた。

沢田・屋上菜園

当初プールを計画していたが、
魚を飼いたいというお孫さんの要望で作られた池。
ニワトリ小屋からは「コケコッコー」の鳴き声も。

そこには、日本の懐かしい農村風景が広がっていた。
しかし、まわりの景色だけが決定的に違う。
青く大きな空と、眼下に広がる街。

沢田・屋上池

毎日コツコツといっても、この規模の建築物を数人で建てるには、
それぞれのやる気とビジョンが一致する必要がある。
嘉農さんの一途さと統率力こそが、沢田マンションを実現させた。

大きなリフト。
ベンチまで備え付けられている。

沢田・リフト

今も作業が進んでいるのか、木材が山積みに。

沢田・木材

きれいに整頓された工具たち。

沢田・工具

ポストの素朴さを見かけて、少し安心した。
普通の日曜大工だと、この程度だろう。

沢田・ポスト

一般の人が格安で泊まれる部屋もあり、一泊だけ泊まってきた。
やはり現代の住宅のように、快適な設備が整っているわけではない。

たとえば、換気扇が変わった角度についていたり、
電気コンセントが驚く場所にあったり、
トイレやお風呂に穿たれた謎の穴が換気口だったり。

だけど、十分生活できる。
かつては、保証金や保証人を用意できない人たちに
優先的に貸し出していたという。

沢田・柱

間取りもサマザマ、部屋番号もバラバラ。
その一つ一つに理由がある。

沢田・廊下

そんな自由さ、不自由さの中に、あふれる愛情を見た。

沢田・裏

安全や不満を重視しすぎた末に生まれていった数々の法令は、
確かに機能的で快適な住居をもたらした。
でも実は、ちょっと危険でも、ちょっと不便でも、大丈夫なんじゃないか。
それを楽しむ心や能力を備えることの方が、重要なのではないか。

隣人の顔も知らないような、現代の住宅。
広さや間取りこそ違えど、代わりはいくらでもどこにでもある。

しかし、この沢田マンションにはそれがない。
それは、建物の生まれた歴史や住まい方への愛着、
オーナーや住人が込めた思いが形作るものだと、教えられた。

もう少し自由な選択が、
大切な何かを取り戻すきっかけを生むような気がしている。

詳しくは、以下の書籍などを。

沢田マンション物語
     古庄弘枝(著)
     情報センター出版局 2002 Amazon

沢田マンション超一級資料
     加賀谷哲朗(著)
     築地書館 2007 Amazon
posted by クラタ at 14:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 植物の建築
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/42925721
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック