2010 04 17

アンフルラージュ

この写真の人たち、一体何をしているのでしょうか?

パフューム一幕

『パフューム―ある人殺しの物語』という映画の一幕です。

この映画は、18世紀のフランス・パリが舞台になっている、
天才香水調合師を巡った、猟奇的連続殺人の物語です。
私はサスペンスがどちらかというと苦手なので、
あまり気はすすみませんが、頑張って観てみようかなと思っています。

監督は『ラン・ローラ・ラン』のトム・ティクヴァ。
パトリック・ジュースキントによってドイツで書かれた原作は、
世界1500万部の大ベストセラーとなり、スティーブン・スピルバーグや
マーティン・スコセッシなど、映画界の巨匠たちに映画化権を
奪い合わせた話題作でもあったようです。

パフューム

監督 : トム・ティクヴァ
出演 : ベン・ウィショー、レイチェル・ハード=ウッド
2006年公開(ドイツ・フランス・スペイン)
ギャガ・コミュニケーションズ Amazon

そんないきさつもさることながら、私が注目したいのは、
「アンフルラージュ(enfleurage)」が行われている、写真の場面。
舞台は、南仏プロヴァンス地方のグラースという町に移ります。
グラースは、この時代ごろから現在も香水生産が非常に盛んで、
有名ブランドの香水など、シャネルの5番もここで開発されました。

アロマテラピーをされている方には必須知識のようですが、
グラースで行われていた、アロマオイル(植物から採る芳香油)の
抽出方法の一つに、アンフルラージュ(冷浸法)があります。

アロマオイルは通常、蒸留したり、圧搾して香りの成分を得ますが、
その方法が使えない繊細な花のために開発されたのが、
熱も無理な力も加えない、この方法でした。

まず、木枠にガラス板をはめこんだ「シャシー」と呼ばれるトレーに、
においを消した油脂(牛脂や豚脂、植物油など)を薄く延ばして塗り、
その上に花や花びらを敷きつめていきます。
(花を直接油脂に触れさせないなど、方法は各々異なります。)

花を何度か取り替えて、油脂に花の香りを浸み込ませます。
香りいっぱいの油脂は「ポマード」(これが整髪料の語源)といい、
ポマードをアルコールで洗浄して、やっとアロマオイルが得られます。

これだけ手間がかかるので、現在はほとんど行われていませんが、
とってもロマンチックで、楽しげな方法ですね・・・!
ということで、アンフルラージュを現代版にアレンジした製品を
開発・販売するプロジェクトに、私も参加しています。

最後のアルコール洗浄は特殊な技術になりますが、
ポマードを作るまでなら、意外と簡単。
と、こんな商品が生まれました。

アンフルラージュ1

まずは、オリジナルのシャシーに、天然の保湿クリームとして人気の
シアバター(シアバターノキの種の胚から得られる植物性脂肪)を
バターナイフなどで、薄く広く塗り伸ばしていただきます。

アンフルラージュ2

写真では見えにくいですが、ナイフでバターに縦横と線を引いていき、
バターの表面積を拡げていきます。

アンフルラージュ3

その上に、香りのいいお花(花びら)を一種類だけ、
清潔にしてからまんべんなく置いていってください。

アンフルラージュ4

ふたをして密閉したまま、まる一日程度置いたあと、
新鮮なお花(花びら)と取り替えてください。
(花の種類によって置いておく時間は異なりますが、
そのままにしてしまうとお花が傷むので、必ず取り替えます。)

アンフルラージュ5

この工程を5〜6回繰り返したら、完成です。
(香りの浸透力も種類によって異なるので、お好み次第でOKです。)
お花を取り除き、バターナイフなどで容器に移し変えます。

香りの移ったシアバターは、練り香のように身体のどこかにつけて、
お出かけする時や、リラックスしたい時に使えます。
お好きなお花で、お好きな量で、気軽に作れるのも魅力です。

これは、「ソダテル*カヲリ」というキットになっています。
今は、大手のお花屋さんや、アロマテラピーの先生などに
交渉している段階ですが、手応えもいいので今後広まっていくかも?

その前に、みなさんにも一度体験していただける機会があります。
4/24(土)25(日)に京都市岡崎のみやこめっせで開かれる
花と緑の市民フェアという京都市主催のイベントがあります。

おっしゃれーな感じ!という雰囲気ではまったくないですが、
ここで、今回紹介したキットとまったく同じものを使って
無料体験教室(4/25(日)12:30−13:30)が開かれ、
しかもそのままお持ち帰りいただけます!
ってことは、これからも使っていただけるのです!!

私の友人も多数参加してくれるようなので、
ぜひぜひみなさん、お気軽に遊びに来てくださいねー!!
当日、私はオレンジ色のジャンパーを着ています・・・(泣)。



追記

その他、花と緑のイベントや教室がたくさん企画されていたり、
先着で花の苗や種がもらえたり、盛りだくさんの二日間です。
一応、定員があるので、ご希望の方はお早めにご連絡くださいね。
詳細は、チラシ()をご覧下さい!!

子どもさんから年配の方まで楽しめる内容になっています。
ご家族・お友だちなど、多数お誘い合わせ下さい。
みなさまにお会いできるのを楽しみに、お待ちしております!!
posted by クラタ at 23:58 | Comment(4) | TrackBack(0) | その他イベント
この記事へのコメント
4月24日(土)みやこめっせの「花と緑の市民フェア」にぜひ行ってみようと思っています。
盛りだくさんな内容なので楽しみです!
Posted by nitachan at 2010 04 22 23:43
nitachanさん

遠方から、ありがとうございました!!

あんなにお花に囲まれることって、
今まで市場ぐらいでしかなかったので、
かなりワクワクしました。
西武はどうなったかな??
Posted by ミヤマエ at 2010 04 27 21:00
たくさんな花に囲まれしあわせな気分でした。
西武は5月15日〜16日の予定なのですが、未だ関係修復せずなもので‥あわや中止になるやも⁉

また、バラのほうにも行ってみたいと思います。
Posted by miyachan at 2010 04 28 18:07
miyachanさん

5月1日は、「スズランの日」。
フランスでは一日中いたるところでスズランが売られ、
帰る道すがら買い求めて、大切な人へ贈る日です。
贈られた人は幸せになるんだとか・・・♪

ちょうどこの日お誕生日のあの人へ送り届けて、
仲直りのきっかけをつかんでみては??
Posted by ミヤマエ at 2010 04 29 20:00
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/37188729
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック