2010 04 13

夏時間の庭

夏時間の庭

監督 : オリヴィエ・アサイヤス
出演 : ジュリエット・ビノシュ、シャルル・ベルリング
2008年公開(フランス)
紀伊國屋書店 Amazon

カチンコ パリ「オルセー美術館」開館20周年記念作品。
   登場する美術品や家具は、絵画以外すべて本物を使用。
   美術館と個人の所蔵物を貸し出して、撮影が行われた。
   印象派の画家が好んだ、イル・ド・フランス地方が舞台となる。

   今は美術館に飾られるだけとなってしまった芸術品にも、
   過去には家族という存在があり、実際に使われていたこと、
   それを手放すまでのドラマを美しい庭とともに情景として描く。
   当たり前の生活用品だったからこそ無造作に扱われ、
   価値とは無関係にモノとしての愛着をもち、
   徐々に遠い存在になっていく寂しさは、人間同士でも同じ。

   『ショコラ』や『ポンヌフの恋人』などでも見られるように、
   全く異なる個性的なキャラクターを毎回見事にこなしていく、
   ジュリエット・ビノシュのマルチぶりにも感嘆。
   今回演じたプロダクトデザイナーには、実在のモデルが。
   オフィシャルサイト「Gallery」に、美術品解説や庭の様子。
posted by クラタ at 19:21 | Comment(2) | TrackBack(0) | 植物の映画
この記事へのコメント
ohisasiburidesu.
yayoi desu.
hennkan ga okasikunatte...hahaha..
konna joutaidesu... yometeru??

when the root children wake up
yomigotae arimasita!! omosirokattayo!

this year in May,29 30 Crafts fair in matumoto 『クラフトフェアまつもと』
kotosikosoha asobiniikuzo!!
http://matsumoto-crafts.com/
yominikukute gomenasai!!
love you!
ma ta ne !!
Posted by ya-yo- at 2010 04 14 11:50
ya-yo-さん

ありがとー!読めてるよー!!

私もここ最近、松本に行く機会が多かったけど、
まだクラフトフェアは行けてないなー。
三谷さんにもらったポスターが何枚か
まだ家にあるままやし、早く配っちゃわないと!!

あの公園自体が、気持ちよさそう。
もしも会えたら、芝生でゴロンゴロンしようね♪
Posted by ミヤマエ at 2010 04 18 00:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/37076941
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック