2010 03 03

どうぐはなくても

どうぐはなくても
V.ビアンキ(作)・N.チャルーシナ(絵)
田中友子(訳)
福音館書店 2007 Amazon

本 表紙から想像していた内容とは、ちと違い拍子抜け。
   冷帯の針葉樹林ならではの、灰色みがかった色彩が、
   子ども向け絵本に渋みを醸し出させている。
posted by クラタ at 22:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 植物の本
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/35958276
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック