2010 03 01

木工 ふくなり

以前、少しだけご紹介させていただいたふくなりの工房が、
本日3月1日をもって、ついにオープンいたしました!!
家具や木工品など、木でできるあらゆるものを、
「ふく」と「なり」がすべてオーダーメイドで制作します。

場所は、愛知県豊田市の奥地。
山あいにある倉庫を、5ヶ月かけて二人が手作業で改装しました。

ふくなり木工所

こちらが、工房の正面玄関です。

ふくなりブログを見ていただくと、詳しい過程がわかります。
もともとは、おんぼろシャッターがあっただけのこの入口が、
今では想像もつかない姿に見違えています。

柱や桟木、窓枠、それから壁にいたるまでも、
すべて材を吟味し、丁寧に作りこまれています。

元ふくなり木工所

角度は違いますが、元のおんぼろ姿です!
すごい変わりよう!!

ふくなり台所

そして、こちらが台所。
ぜいたくなことに、すべて栗材で作られています。
栗材は水や湿度に強く、しかも堅くて朽ちにくく、
水まわりや住宅の基礎などにも適しているそうです。

そういえば、縄文時代の遺跡から、栗でできた柱だけが
腐ることなく発見されたと聞いたことがあります。

元ふくなり台所

手をつける前の台所。
壁にも板を打ち付けて、珪藻土が塗り重ねられています。

知恩寺手づくり市

京都・知恩寺の百万遍手づくり市風景。
他には、東京・代々木公園のアースデイや
長野・松本市のまつもとクラフトフェアなどにも参加。

ほんとにフットワークが軽いので、
もしかしたら、あなたの街にも出没するかも?
見かけた方はラッキー!ぜひ声をかけてみて下さいね。

ふく

「ふく」↑。

なり

そして、「なり」↑です。
名称の由来は、いつか二人に聞いてみて下さい。

「ふく」が以前、京都に住んでいたこともあったので、
京都には少し縁のあるふくなり。
もうすぐ、こんなグループ展が開かれます。

小さい部屋 春展2
「暮らしの道具」
3/20(sat)-30(tue)
11:30-18:30 水木休
小さい部屋

(木)川合 優 ・・・ 箱
   木村 毅 ・・・ 匙 弁当箱
   木工 ふくなり ・・・ 匙 箸 踏み台
(陶)鈴木 史子 ・・・ 直火ポット 土鍋     
(布)au soleil ・・・ まえかけ 家着
   かっぱまわり ・・・ はんかち ポットマット
   こだま あゆみ ・・・ てぬぐい ふろしき


こちらのギャラリーでは、
ふくなりの木の食器が常設もされています。
お近くに来られた時には、ぜひご覧下さい。

それぞれサラリーマンとしての木工職人を辞めてからは、
食器を中心に制作を続けてきた二人ですが、
これからは、家具を中心にいよいよ本領発揮です。

また、森を健全な働きに戻していく活動にも力を入れていて、
木工品を数多く生み出す、東海地方ならではの視点から
何が飛び出してくるのか、とっても楽しみにしています!



追記

http://fuku-nari.com/

かなり作りかけですが、先立ってHPを公開し始めたようです!
商品はまだほんの少しですが、徐々にアップしていく予定。
家具の製作工程や修理の様子なども見られるので、
ちらっと覗いてみて下さいね。
posted by クラタ at 23:56 | Comment(4) | TrackBack(0) | その他イベント
この記事へのコメント
うわー!
木の食器、凄く素敵!!
是非見に行って触ってみて買いたい。
台所の可愛らしさを拝見する限り、
家具もきっと素敵なんだろうなー。
楽しみですね。
(相変わらずのギプスより)
Posted by hsgw at 2010 03 02 11:05
紹介してくれて、ありがとう。
写真が、下手ね。お恥ずかしい。
さすが、小さい部屋の情報早いね!
作りかけですがHP
http://fuku-nari.com
みてね。
Posted by ふく at 2010 03 02 21:38
hsgwさん

ぜひぜひ、見て触って買ってみてね。
HPの公開も始めたらしいから、
家具なんかも少しずつアップすると思います。
とにかく仕上げが丁寧なので、手触り抜群。

あと、木のお皿は水分を吸収するから、トーストとか
カリッとさせたいものにはオススメらしいよ。
(まだギプス・・・!)
Posted by ミヤマエ at 2010 03 03 15:29
ふくさん

ひとまず、おつかれさま!!
HPもまたアップしとくよ。
いいデジカメも手に入ったし、
これからの写真に期待??

椅子のお迎えがてら、またお祝いに行くね。
工房に植物置いても大丈夫なら、
持って行こうかな。
楽しみー!!
Posted by ミヤマエ at 2010 03 03 16:10
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/35832709
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック