2010 02 18

はなのすきなうし

はなのすきなうし

マンロー・リーフ(話)・ロバート・ローソン(絵)・光吉夏弥(訳)
岩波書店 1954 Amazon

本 スペインでは70年、日本でも50年以上の超ロングセラー。
   ところどころ劇画タッチの表情は、心なしか『北斗の拳』。
   スペイン内戦中の出版で、闘わずただ花の匂いをかぐ
   フェルナンドの行動は物議をかもしたが、作者曰く、
   「よい趣味をもち、すぐれた個性に恵まれていた」から。
posted by クラタ at 00:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 植物の本
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/35378810
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック