2010 01 29

のぼっちゃう

のぼっちゃう

八木田宜子(作)・太田大八(絵)
文化出版局 1971 Amazon

本 「八木田宜子みどりのえほん」全12冊の中で、
   今も出版されているのは、これだけ。
   絵は『みどりいろのたね』と同じ、太田大八。
   装丁は、かの有名な福田繁雄。
   長く愛される理由がわかる。


posted by クラタ at 03:23 | Comment(4) | TrackBack(0) | 植物の本
この記事へのコメント
タイトルもいいですね!
Posted by fudo at 2010 01 29 23:42
fudoさん

動詞に「ちゃう」が付くと、途端に茶目っ気が出ますね。

困っちゃう
見ちゃう
値切っちゃう  などなど

誰がこんな便利な言葉、考えたんだろうか。
タモリさんとか、糸井重里さんがよく使ってそう。
Posted by ミヤマエ at 2010 01 31 13:41
いつも可愛い絵本愉しみです!

先日お話した絵本のことお知らせします。

「めくってびっくり俳句絵本4うしろすがた」
  作 村井康司編 絵 のりたけ
  出版社 岩崎書店 \1470




Posted by nitachan at 2010 04 04 02:58
nitachanさん

こんなところに、また控えめに(笑)。
もっと大胆に宣伝してくださーい。

のりたけさんのうしろすがた、素敵です。
前から見てみたくなる・・・。

アマゾンの「詩・ことば・うたの絵本」カテゴリで
上位に入ってましたよー!
今度、サインもらっといてね。
Posted by ミヤマエ at 2010 04 05 17:38
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/34994373
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック